Training Method>RUN 記事一覧
(2007/02/25)LSD

2007年02月25日

LSD

 LSDはランニング用語のひとつです。LSDとは「Long Slow Distance」を略したもので「長い距離をゆっくり走る」という意味です。
 LSDのねらいは、長い距離をゆっくり走ることによって、全身の持久力を高めることです。『長い距離をゆっくり』とは、自分のタイムの1.5倍〜2倍のタイムで走ります。キロ4分の人だと6分〜8分くらいのゆっくりしたスピード(ジョギング)で、できれば1時間半以上(2〜3時間でも)走り続けましょう。
 心拍数で言うと、120〜130拍/分以下のゆっくりしたスピードです。友人としゃべりしながら走ってもいいし、自然の中を走れば、楽しんで走ることができます。これは疲れを忘れさせ、知らない間に長時間のランニングを可能にします。
 さらに、LSDはランニング効率を高めてくれます。心肺機能や持久力、筋力も向上させます。
応援お願いします!! →⇒ 人気ブログランキングへ
posted by ぼにん at 16:46 | 岡山 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | Training Method>RUN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。